スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/20の色々。

++「あの日見た花の名(ry」++

昨日、関テレでも放送が始まったアニメ。

こりゃぁ…神かどうかは知らないけど、僕が好きにならないわけないか。


一言でまとめると、泣きゲーの良いとこ取りなシナリオ。


んで、ED曲「secret base」って誰の曲だったっけ!?!?って30分くらい悩んだ。(笑)

それでも出てこないから、wikiったらZONEだった。


ZONE!!


この曲入ってるアルバムだけ持ってたよ!!

「10years after」だから、リリースから10年なのね。

もう15年くらい経ってる印象だわ…


でも、今聞いても好きだった。

アイドルっぽい、ヨレヨレで拙いボーカルが、今聞くと可愛い。

声優さんが歌った今回のカバーの方が、ボーカルは良いんだろうなぁ…

このCD、多分だけど、買いそう。


++ブックオフ、マジパネェっす。++

言ってみたかった。


今日はこれ。

31ZZ6CBGSPL__SL500_AA300_.jpg
John Coltrane「Love Supreme」

「至上の愛」という邦題が憑いているJohn Coltraneの名盤。
John Coltrane名義での名盤と言えば、これか「BALLAD」。

このアルバムは4部編成の組曲仕立。

甘~い展開から、ファンクな展開まで出てくる、名盤と呼ぶに相応しい内容。
3部「追求」のラストに入ってくるドラムのフィルがすさまじい。John Coltrane以外のメンバーも良いプレイをしています。

今回は紙ジャケ。
John Coltraneの作品は中古市場にあんまり出てこないのに、しかも紙ジャケが1000円でお釣りが来るなんて、実に美味しい。

しかぁしっ!

中身チェックの時に、店員が2つ折の紙ジャケをガバっと開いたので、「おぉぉぉいぃっっ!!!」とツッコミ。そんな事したら紙ジャケの背部分に白い折り目が憑くだろ!と。

中古だからある程度の状態は仕方ないけど、憑いてなかった傷が、買った後に他人の手で憑けられるのは許せない。


…微妙に潔癖症な僕。(笑)


店員からしたら「何、細かいこと言ってんの?」って思うだろうけど、紙ジャケを買うという行為をもうちょっと理解して欲しい。


++White -branche comme la lune-++

昨日の夜中に最後までやりました。

セーブデータも使わずに最後までやったのはすごい久しぶり。

「リトバス(無印)」以来かな?
「クドわふ」も、やってない部分あったはずだし。

今回はBGMも含めて、実に良い。

特典サントラが今の愛聴盤。


「ねこ王国の姫」がタイトルに反して名曲。

ボーカル曲がフェイドアウトするショートver.しか入ってないのが実に惜しいが。


んでもって、ボーカル執ってるLiraさんがペタってくれて、アメンバー申請してくれたら快くOKしてくれた。


どーでもいいけど、「White branche comme la lune」で検索かけると、オフィのソフト紹介ページに次いで、うちのブログ(本編)が出てくる。

オフィのトップページより上に来るってすごくね??(笑)

まぁ、「-」が憑いてないけどね。



どーでもいいんだけど、俺は「妹属性」無いからあのシナリオで十分だったと思うけど…アレが「クソ」「最低」って、どんだけ要望多いんだよ、今の奴らは。たくましいと言うか、あつかましいと言うか。


マジで「ヨスガにソラってろ」よ。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。