スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/21の色々。

気付けば1ヶ月ほど放置してましたね…(挨拶)

+++買ったった!!+++

CBR250R.jpg
どやっ!!(`・ω・´)


先月、阪奈でツンデレったFTR250とは早々にお別れし、昨年発売の知らせを聞いてからずっと欲しかったCBR250Rの限定レプソルカラーを、漢の現金一括で購入。

あぁ、かっこよすぎる。


風が強くて寒かったからインプレするほど乗ってないし、このあと2週間、ガレージの奥に入ってる予定なんですが(何でそんなタイミングで買った?とか言わないでねっ!!)、実に乗りやすいバイクです。

加速もスムーズで、常用域のスピードはあっという間に到達。
まだそんなに出てないだろう…と思ったら、80km/hくらい出てたので、非力とは言え高速に乗っても十分走れそうな印象。


「所詮、短気等じゃんwww」

とか言う人は、サーキットで速さを競っていてください。


僕はのんびり走るので、煽らないでね~。


あー、でも、ヘルメットはやっぱりレッドブルとか入ったペドロサモデルとかにした方が良いのかな???


そこまでやっててヘッポコな走りしてたらかっこ悪いから、やっぱり普通のメットにしておくか。(笑)


ちなみに、売る時のことを考えて大事に乗るので、マフラー含めて全部ノーマルのまま乗る予定。まぁ…よほどのことがあっても売らない気がするけど。


+++最近買ったCD+++

また、色々CD買ってます…
ほんと、処分していかないと置き場所が無いぞ??

DSCN3439.jpg
・Perfume「LOVE THE WORLD」
・D'espairsRay「IMMORTAL」
・GASTUNK「MOTHER」(紙ジャケ)
・COUNT BASIE「THIS TIME BY BASIE!」
・バカテスキャラソン「木下秀吉」

Perfumeは昨年出たベストみたいなの。
TSUTAYAで新品600円でした。安すぎ。ブックオフの買取より安い。

意外と好きです。ノッチかわいい。

ディスパは何故か洋楽コーナーにありました。ベストですね。
「ファシズム」も「murder freaks」も「タトエバ…キミ…ガ…シンダ…ラ」も「モノクロになった最期の日」も入ってない、ちょいとガクリなベスト。
まぁ、「モノクロ~」はともかく、他の曲は再録されてるから、それ聞けってことだな。

GASTUNKは3rdアルバム。限定紙ジャケ。それだけで買う価値あり。

COUNT BASIEはTSUTAYAの1000円シリーズ。
名盤が1000円で買えるって、なんてすごい時代!!
紙ジャケで押さえたい物以外だと、これで聴いていくのが良さそうね。
ジャズに関しては、高音質CDとかリマスター盤が良いとは一概に言えないし。

欲を言うならアナログ盤だけど、アナログ盤のメリットを生かすほどのオーディオやそれを鳴らす環境は、現状無いからね…

もうちょっと稼げるようになったら、隣家の無いド田舎にオーディオルーム(とプライベートスタジオ)完備のでかい家を建てるのは夢かな…それくらいになったらこだわってみます。

バカテスは…まぁ。(笑)


+++安ギター+++

ハードオフに行ったら、安ギターの代名詞、MADE IN CHINAのPhoto Genicのギターがあったんですが、ヘッドがえらく綺麗なキルト模様なのでビックリ。

友達に「えらいもんがあるよwww」とメールしたら、「買っておいて欲しい」と。


え~、ここで薀蓄です。

中国の工場で生産される安ギターですが、あちらの工場では工程だけが指示されていて、どんな木を使えor使うな、ということは指示されていません。そのため、普通は安価な“悪い部位”が使われて流れ作業で作られるんですが、時々、何かの間違いで“すさまじい部位”が混じることがあります。

いろんな楽器屋を回った経験上、100本に1本程度でしょうか…

それくらいの割合で、恐ろしく美しいネックのギターがあります。
(さすがにボディは分からん)

トラ杢がビッシリ出たものやバーズアイが出ているもの。
ぶっちゃけ、Fenderのノーマルランクよりも見た目のインパクトがあります。


実際の強度や精度は分かりませんが…


そんな、「ワン・オブ・ハンドレッド」なギターの可能性があったわけです。
(かっこよく言ってみたwww)


とりあえず、写メっておきました。

DSC_0005.jpg
DSC_0007.jpg

うん。
ヘッド“だけ”はすごい。

友達は色々とパーツ持ってるし、「フォトジェニてwww」と思わせておいて、なんかすごいギターを作ってくれそうです。


とは言え、15~20年前のフォトジェニを考えると、今の安ギターってちゃんとギターなんですよね。

あの頃は“ギターの形をした物”で、ネックはすぐ反って使い物にならなかったんですよね。


それを思うと、今のは「まだ使えそう」。


楽器を始めやすい時代になったと思うわ。安く売ってる店も近くにあるんだもん。当時なんて、通販くらいしかなかったもんなぁ。弦が切れただけで数日弾けなかったこともあったし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。