スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/28の色々。

+++V系ノスタルジック2Days+++

東京まで遊びに行ってました。

11/26の鹿鳴館、DAS:VASSER復活イベント「六道輪廻」と、11/27のBLITZ、GOD妃主催復活祭「輪廻転生」がお目当て。

詳しいレポは他で見てくれ~。


まずは鹿鳴館。

お目当てはKAMIYA(MARRY+AN+BLOOD)を擁する麗華バンド。

んで、定刻どおりに一番手はMIRAGEのAKIRA&弥生がいるFOWRがスタート。
見たかったバンドの一つなのですが、いきなり来ると、この後長くなるな~~、と。

事前に、「たぶんMCで「2011年11月26日、目黒鹿鳴館…お前ら会いたかったぞぉーー!!」って言うよー」と言っていたら、本当にそれっぽいMCが来て、やや受け。

で、そのMCで、「DAS:VASSERが復活ということで、気付けば、同じ事務所にいた人間が約二名います。せっかくだから、その頃の曲を…」と、MIRAGEの「…Air」を演奏。

いきなりテンションMAX!!

て言うか、1月にも聞いてるから、今年2回目!!

本当に2011年なのか!?

という感じでFOWRのステージ終了。


その後、2~3バンド、よく分からない感じで進み。


前の方が混みだしたので、そろそろKAMIYAさん出てくる??と前へ移動。


…桜塚やっくん率いる美女♂MEN VLOSSOMでした…

こんな感じのバンド


まぁ…美形ですな。
今風に言うと、男の娘バンドらしいです。


本人的には、男だらけのガールズバンドだとさ。


ベースの人は美形で中性的な男って感じだった。ギターはペンギンだった。やっくんはうさぎ。


曲は比較的Vロック。


でも…DAS:VASSERとなんか関係あったの????


で、次こそKAMIYAさんか!?と思ったら、ガキドーなるバンド。

3ボーカルだけど、3人とも同じスタイルのボーカルだから、構成上のギミックでしかない。

て言うか、ジャニーズ…


で、ついについにKAMIYAさん登場。


赤軍服ですよ、姐さん!!


麗華は軍服(こちらも当時物!!)で眉毛がない!!!!


ただし、FOWRがMIRAGEの曲をやったあたりから予想してたけど、メインは麗華だけに、Madeth gray'llの曲。

曲は詳しくないので分からず…

MCは麗華で、「解散しても曲はこうやって演奏し続ければ生き続けるので、死なない限り、永遠に残ります」と、前日に現在所属するドレミ團が解散発表した翌日にはちと重たすぎる言葉をくれました。


後半は狂死楽園→missantroop→廃人狂イ人形だったと思う。


ラストは当時のライブを髣髴とさせるようなあおりの連続で、途中、ドラムがDAS:VASSERの響兵(主催者なのに!!)に交代して麗華がステージ前方まで来て煽りまくり、連続ダイブ!!

最後の一回。


威勢よく拳をあげるオッサンあたりを指差し…


って、俺かよ!!


真上に眉毛のない麗華が降って来ました。(とりあえずハグはした。笑)


…そうだよ、このノリだよ。


これこそ20世紀のV系ライブ!!


極めて攻撃的なルックスで攻撃的なサウンドと、破壊的なステージング。


今のバンドに感じていた物足りなさを解消してくれる、すさまじくノスタルジックな空間でした。



最後はDAS:VASSER。

でも、その前に疲れたから階段まで戻ると、物販席でKAMIYAさん祭。
ソロ期と、ライブをほっっっっとんどしていなかった頃の、KAMIJOもどきの頃のアー写を販売。

あと、今のバンドっぽく、チェキも販売。

しかし、6枚買うとMadethの配布ステッカー憑き。

しかも、当たりが出ると集合写真憑きサイン色紙が貰える。


…大人買。


もちろん当てたぜ。

当たるまで買うつもりだった(笑)


DAS:VASSERは、とりあえず聞いてた。

「ウソツキ」と「症候群」と、何だっけ~~、ってなる曲を演奏。


中途半端に上手いもんだから、当時のようなノスタルジックな雰囲気はなかったですね。あおりもあったけど、ルックスがソフトになった黒夢みたいになってるし…


MCはボソボソ喋りすぎで、なに言ってるのか分からなかった。


4月にまたやりますよー、とか言ったのかな??


そんなこと言ってない??
この時点では、まだ言っちゃダメだもんね。


というわけで、せっかくだからDAS:VASSERのアー写も買っておいた。


色々買いました。


チェキはKAMIYAさんのは大人の事情で無し。


その後、当時のバンギャ風にKAMIYAさん出待ち。

終電ギリギリまで待ったけど、出てこなかったので、同行した姐さんに託して(?)ホテルへ。



…つーかよ。


FOWRと麗華バンドは27日のBLITZに出るべきだったんじゃねーのか??

++++++

というわけで、2日目。

全然寝れずに7時ごろから布団の中でごろごろしてる感じでした。
遠足前の小学生かよ。


赤ブリまではアキバとか御茶ノ水をうろうろ。


で、赤ブリ行くと、人少なっ!


先行チケットは400までしか呼ばずに一般チケ入場。
一般チケなんて100人も待ってない。

1500キャパで…500いないんじゃね??

そういえば、主催のGOD妃プロジェクトの会場限定デモCD(-R)は300枚限定だって言ってたが…それを見越しての枚数か…

目当てだったLa'MuleのDVDとか、すぐなくなるんじゃ…

と、ちょっと不安になりましたが…

La'MuleのDVDは予想以上に作っていた&予想以上に買う人少なかった(100人くらいは買うと思ってたが…)ので、余裕で山積みされてました。

無事、購入。


…でもね。


今さら言っても遅いけど、本当に知らない、未音源化曲いっぱい入ってるよ。


で、会場入ると、やっぱり人少ない…けど、徐々に増え始め、開演時には前のフロア部分はそれなりに埋まっていました。


一番手はAliene Ma'riage。

真っ赤なライトに照らされる幕の向こうに、当時と同じド派手なドレスをまとった白塗り狂華が扇子を手に、語りをフィーチャーしたSEから、そのままハードな「BURST」へ。(DT「傀儡人形」と同じ流れですね)

唯一無二な獰猛なシャウト、激しいブラストビート…これは単なるV系の枠を超えた、新しいブラックメタルだ!!

音源でしか聞いたことのなかった狂華のシャウトに鳥肌が立ち、ラストの「SUICIDE」では当時のように煽りが繰り返され、逆ダイをしたい衝動に駆られてしまいましたが、惜しむらくは大人しく後ろで見てよう~、と思ってしまっていたこと。

もっと前で見ていればよかった…

とにかく、演奏力もステージングの上手さも世界観を表すに十分で、素晴らしいライブで会場をいきなり20世紀にタイムスリップさせてくれました。



続いてはRomance for~。

ちゃんと聞いたこと無し。(オムニバス程度)

爽やか系ですね。
ボーカルの印象が(オムニバスでは)アレでしたが、まぁ、上手く歌ってました。

高いところを思いっきり外してたけど…


続いてDeshabillz。

MC一切なしで立て続けに演奏。

当時CDを聞いた印象同様、メロディがギターと(ほぼ)同じフレーズだから、全然ハーモニーになってない感じ。

でも、こういう拙さが15年ほど前のバンドを彷彿とさせてるよなぁ。


そしてニュークリ。

ボーカルさんが若い人。爽やかオサレ系。

バンドでボーカルをやるのは初らしいけど、しっかり声が出てました。

同じ編成で渋谷のDUOでワンマンやることになったそうな。


続いて…キャリア的にLa'Muleか!?と思ったら、aki様。

でも、MCの人が去り際に「すごい事が起こるよ」とボソッと言ったので、「Laputaやるんだ!!」と。


でも、まぁ、当然ながら、aki様はNew Albumからの曲をメインに聞かせてくれるわけです。(ベースは人時!)

で、MCタイム。

初~中期Laputaでは想像できないほど饒舌に喋る。

「8割くらいの方ははじめまして、akiです。盛り上がってるように見えますが、いつものファンがいつもよりも頑張って声を出してるだけです。私、こう見えて41歳です。取るとすごいんです。ヘアメイクに無料働きはさせません。」と、綾小路きみまろのような自虐ネタを展開。

で、さらに「私、こう見えて昔はLaputaというバンドをやっていて、メジャーデビューもしてたんです。これは7割くらいの人が知ってるかな?せっかくなので当時の曲を…(大歓声)おっ、調子乗っちゃうよ?」

と茶化しながらも、しっかりと「赤坂、堕ちろ!奈落!!」と、当時と同じ煽りでV系のアンセム「奈落の底」を演奏。

会場はヘドバンの嵐。

あちこちで振り下ろされる親指。(笑)

間奏前の「堕ちろ赤坂!!」で、さらに大歓声。


あの瞬間、会場は完全に20世紀でした。


aki様のステージ後、MCでLaputaの復活についてもふれられましたが、さすがに「それぞれがそれぞれの活動をしてるので、今はその必要がない」と断言。


aki様自信でLaputaの曲を歌うのも、ほぼ無いような感じでしたね…


で、前方の人口密度がさらに増し、みんなのお目当てLa'Muleの登場。

inspire
溺レタ奇形
eccentric Marxist
Cry in Past
ナイフ

ヤヴァ過ぎるセトリ!!

当時と同じ、血糊衣装に、黒い涙メイク…

…萌え…

「eccentric Marxist」の掛け合いもみんなしてました。

そして、4月に渋谷REXで2デイズを発表。

最初、AXって聞こえて、すごすぎるだろ!!客来るのか!?と本気で思いましたが、ちゃんと聞いたらREXだと。なるほど。(笑)

でも、渋公でやったバンドだし、あの盛り上がり見てたら、AX1日くらいなら何とかなる気がせんでもない。


で、La'Mule後、一気に人口密度が下がり…


完璧にGOD妃プロジェクトを喰っちゃってましたね…


とは言え、さすがの主催。


凝った演出で、男前な砂月をしっかりフィーチャーしてました。


まぁ…ミッドテンポのメロディアスナンバーしかないから、ずっと聞いてるとちょっと厳しいけど。



最後はセッション。

全員出てきてANARCHY IN THE U.K.。

狂華さんはマイク通ってなかったのかな?惜しい。

でも、狂華さんがLa'Muleのメンバーにちょっかい出してたのを見ると、すごいイベントだなぁ…と思っちゃいましたね。


んで。

セッション後、La'Muleのメンバーが衣装の血糊包帯をほどいて客席にまいてたのですが…

一緒に行っていた姐さんが紺の包帯をゲット!!

譲ってくれました。


DSCN3018.jpg


というわけで…


20世紀に戻ったような2日間でした。


明日からの仕事がいやだーー。


++++++

その他、物販で買ったCDとかビジュ屋で買ったCDとか。

DSCN3015.jpg

・MIRAGEベスト
・Syndromeベスト
・KISAKI PROJECTデモCD
・ベスト2種同時購入特典DVD-R

JACK推し。

・5000円以上買ったらくれたサイン色紙


ビジュ屋で買ったの

・ギルガメッシュ「music」
・Moi dix Mois「Invite to Immorality」
・VA「Secret Chaos」


DSCN3021.jpg

・FOWR「配布CD with 配布ジャケット」


う~ん、充実の浪費。

見事に散財だな。(笑)



ちなみに、GOD妃はセッション前に「次はまだ決まってないけど、大阪でやろうと思ってます」と言いながら、当日夜に復活祭「輪廻転生」のイベント日程を発表。決まっとるやんけ!!


Aliene Ma'riageはレギュラーっぽい。

そして、今度はDAS:VASSERもMIRAGEも出る。


…BLITZで聞きたかったなぁ~、「...Air」とか。

OAで出しちゃえば良かったのに。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。